polewalker

ポールウォーキングはロコモティブシンドローム対策の代表選手です。

ただ体を支えるだけの杖やステッキと異なりポールで歩くともっとうれしい効果が期待できます。

最近、歩くのがおっくうになってしまったお父さんお母さんにこそ歩く楽しさを思い出して欲しい。

元気学校のカラダ基盤計画は、この「ポールウォーク」をみなさんにオススメします!

ポール開発者、安藤ドクターが語る。

安心の健康習慣です
安藤ドクターポールでのウォーキングは軽度の膝関節症の患者さんにも安心して実施できる運動です。肩頚腕部の疾患予防や体幹筋の強化にもつながります。

ポールを開発した安藤ドクターは日本国内でも屈指の整形外科専門医師であり、また膝関節症手術の権威です。

そんな安藤医師にポールウォーキングについて伺いました。


運動器という言葉は耳慣れないですが、循環器とか消化器と聞けばわかりますよね。運動器はそれと並ぶ言葉で、歩行やバランス維持にかかわる筋肉や骨格の総称です。
年齢がいくと運動器が弱ってきます。特に歩けるかどうかで、行動範囲やできることの範囲がまったく違ってきます。

ポールウォーキングを開発した安藤邦彦先生は、歩けない人のかなりの人は、歩けないではなく「歩かない」であると言っています。ポールというサポートの道具を使って、歩くんだという明確な意思をもってやれば、大多数の人は歩けるようになると言っています。

ポールウォーキングがいいものだとわかっても、かかりつけの先生がまだポールウォーキングのことを知らない可能性がありますね。うっかり相談して否定されてしまわないだろうか・・・という不安が生じます。ではどうしたらいいのか?



先生の回答は、「整形外科の先生が、運動をしなさい、あるいは、歩きなさいと指示したら、ポールウォーキングをやっていいということだと受け止めればよろしい」とのことでした。なるほど!

ポールウォーキングは、「親を元気に育てればあなたの老後も安心です」(米山公啓著、ダイヤモンド社)の最有力の具体論です。ぜひあなたのお父さん、お母さんに経験してもらいませんか?



安藤邦彦ドクター プロフィール
医学博士
杏林大学医学部講師(整形外科非常勤)
日本スポーツ科学専門学校講師(スポーツ医学非常勤)
公認スポーツドクター
安藤整形外科クリニック院長
日本トータル・バランス・コンディショニング協会 顧問

1953年 長野市生まれ 1978年杏林大学医学部を卒業し同年に整形外科学教室に入局。同大学医学部付属病院整形外科外来医長、病棟医長、同大学医学部整形外科専任講師、整形外科医局長を経て1994年実家の信州松代の地に安藤整形外科クリニックを開設した。コンピュータX線診断(FCR)や核磁気共鳴コンピュータ断層診断(MRI)などで疾病の原因を追究し患者様に必要とされる医療を「わかりやすく」「やさしく」提供している。医学博士、整形外科専門医、公認スポーツドクター、リウマチドクターなど。専門:スポーツ整形外科、膝関節外科

トータル・バランス・コンディショニングで動いて良くなる!腰痛―「どうしていいかわからない」人のための腰痛改善法 (からだ読本)
トータル・バランス・コンディショニングで動いて良くなる!腰痛―「どうしていいかわからない」人のための腰痛改善法 (からだ読本)
安藤 邦彦,佐藤 拓矢

     親を元気に育てれば、あなたの老後も安心です  親を元気に育てれば、あなたの老後も安心です 米山 公啓


>> ポール選びは元気をお届けするショッピングサイト【元気日和】へ!! <<